大熊製薬、自己免疫疾患新薬、米国臨床に突入
大熊製薬、自己免疫疾患新薬、米国臨床に突入
FDA、DWP213388臨床1相試験計画(IND)承認

「B細胞とT細胞を同時抑制…」 優れた薬効が特徴"
  • ヘルスコリアニュース
  • admin@hkn24.com
  • 승인 2022.08.11 14:22
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

大熊製薬の研究開発(R&D)シーン。
大熊製薬の研究開発(R&D)シーン。

[ソウル=ヘルスコリアニュース] 新薬開発の名家として浮上した大熊(デウン)製薬が、今回は米国で自己免疫疾患新薬開発のための臨床に突入する。

大熊製薬(代表チョン·スンホ、イ·チャンジェ)は11日、米国食品医薬品局(FDA)が自社の自己免疫疾患新薬候補物質DWP213388の臨床1相試験計画(IND)を承認したと明らかにした。

大熊製薬は今回の臨床1相試験でDWP213388の安全性、耐薬性、躍動学および薬力学の特性を確認し、有効性探索を目的とする臨床2相進入の可能性を確保する計画だ。 1相試験は今年第4四半期に始まる予定であり、健康な成人80人を対象に単回投与と反復投与で行われる。

DWP213388は世界初の革新新薬(First-in-class)で、大熊製薬が開発中の自己免疫疾患経口用治療剤だ。 一般的にB細胞(Bcell)またはT細胞(Tcell)一つだけを阻害する従来の治療剤とは異なり、DWP213388はB細胞とT細胞を同時に抑制する二重標的阻害剤として優秀な薬効を持つのが大きな特徴だ。

大熊製薬は「この新薬候補物質がブルトンチロシンキナーゼ(Bruton'sTyrosineKinase、BTK)とインターロイキン-2-誘導性T-細胞キナーゼ(Interleukin-2-inducibleT-cellKinase、ITK)を選択的に同時抑制するメカニズムを持っている」として「前臨床段階で安全性と優秀な効能を確認した」と説明した。

私たちの体の免疫細胞は相互作用して互いに直接的にまたは免疫体系の他の細胞を誘引したり活性化させる。 ほとんどの自己免疫疾患患者は、特にB細胞とT細胞が過度に活性化されているため、BTKとITKを同時に目標にしてB細胞とT細胞の活性化を同時に抑制すれば、効果的に自己免疫疾患を治療することができる。

自己免疫疾患(autoimmunedisease)は、人体内部の免疫体系が細菌やウイルスのような外部抗原ではなく、人体内部の正常細胞を抗原と認識して攻撃することによって発生する病気である。 大熊製薬はDWP213388が免疫細胞を選択的に抑制できるため、自己免疫疾患の未充足医療需要の解決に役立つものと期待している。

グローバル市場調査機関リサーチアンドマーケット(ResearchAndMarkets)によると、世界の自己免疫疾患治療剤市場は年平均4.2%の成長率を見せており、2025年には1530億ドル(約200兆ウォン)に達すると予想される。

大熊製薬のチョン·スンホ代表は「大熊製薬は自己免疫疾患患者のためにDWP213388など多様なグローバル新薬を先導的に開発する計画」とし「治療剤がなくて苦しんでいる全世界の多くの患者の生活の質の向上に寄与するだろう」と述べた。[헬스코리아뉴스]


  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2022 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭
오늘의 단신