LG化学、2度目の非アルコール性脂肪肝炎治療剤を米国で1相臨床試験に突入
LG化学、2度目の非アルコール性脂肪肝炎治療剤を米国で1相臨床試験に突入
動物実験で肝の中性脂肪、炎症、線維化減少など有意義な改善効果を確認

炎症抑制物質に続き、2番目の臨床物質の確保、NASH新薬開発のシナジー効果を期待
  • ヘルスコリアニュース
  • admin@hkn24.com
  • 승인 2022.03.29 10:53
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

LG化学生命科学事業本部の職員らが新薬の研究を進めている。
LG化学生命科学事業本部の職員らが新薬の研究を進めている。

[ソウル=ヘルスコリアニュース] LG化学がグローバル未開拓疾患分野であるNASH(非アルコール性脂肪肝炎)治療剤の開発に乗り出す。

LG化学は29日、米FDA(食品医薬品局)から中性脂肪合成酵素「DGAT-2(Diacylglycerol acyltransferase-2)」の活性を選択的に阻害することにより、 肝臓での脂肪蓄積を予防するNASH新薬物質「LG203003」の臨床1相試験計画(IND)の承認を受けたと明らかにした。

LG化学は今回の承認により、従来の抗炎症メカニズムの新薬物質である「LG303174」に続き、新たなメカニズムの臨床開発段階であるNASH新薬候補物質を確保することになった。 1相臨床試験の仕上げ段階にある「LG303174」は年内に米国2相臨床進入が予想される。

NASHはアルコール摂取とは関係なく、肝臓に溜まった脂肪などによって肝臓組織に炎症が発生する疾患で、進行すると肝硬変、ひいては肝臓癌に悪化する恐れがある。

この疾患は脂肪蓄積、炎症、線維化など複合的な発病メカニズムによって開発難易度が高く、まだ商用化された治療剤はない状況だ。

LG化学は米国で健康な成人および非アルコール性脂肪肝(NAFLD)を伴う成人88人を対象に「LG203003」の安全性および耐薬性、薬物動態学(薬物の吸収·分布·代謝·排出過程)および薬力学(薬物濃度および治療効果)、肝脂肪量の変化などを評価する予定だ。

「LG203003」は前臨床実験(動物実験)の結果、肝中性脂肪、炎症、繊維化などを有意義に改善したことが分かった。 会社側は、1日1回の経口服用方式で開発する予定の同薬物が、注射剤や1日2回の服用方式で開発されているほかのDGAT-2阻害剤に比べ、服薬の利便性を高めるものと期待している。

LG化学ソン·ジウン生命科学事業本部長は「多様なメカニズムのNASH新薬物質を持続確保し、相互補完的シナジー効果を高めていく」とし、「有望新薬物質のグローバル臨床開発加速化を通してバイオ事業の未来成長性を極大化する」と述べた。


  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2022 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭
오늘의 단신