バイオ医薬品、日本でも未来の成長エンジンとして注目
バイオ医薬品、日本でも未来の成長エンジンとして注目
旭化成、米バイオ医薬品CDMOバイオノバサイエンティフィックを買収

三井ケミカル、2000年初めに撤退した核酸医薬品CDMO事業を再び推進
  • パク·ミンジュ記者
  • admin@hkn24.com
  • 승인 2022.04.21 13:31
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

[사진=헬스코리아뉴스 D/B]
バイオ医薬品事業が日本でも大きな人気を集めている。 それだけ成長の可能性が高いからだ。

[ソウル=ヘルスコリアニュース / パク·ミンジュ記者] 日本の化学企業が相次いでバイオ医薬品CDMO市場に進出する計画を明らかにするなど、バイオ医薬品が日本でも未来の成長動力として注目されている。

21日、関連業界によると、日本の総合化学企業である旭化成(AsahiKasei)は最近、米国のバイオ医薬品CDMO企業バイオノバサイエンティフィック(BionovaScientific)を買収すると明らかにした。

2014年に設立されたバイオノバサイエンティフィックは、米カリフォルニア州フリーモントに所在している。 cGMP施設を備え、次世代抗体治療剤の生産に特化した企業であり、100人余りが勤務している。

これまで旭化成はバイオ工程事業部門の旭化成メディカル(AsahiKaseiMedical)を通じてバイオ製造工程に必要なフィルター及び装備を製造·販売してきた。 今回のバイオノバサイエンティフィックの買収を通じて、新たにバイオ医薬品CDMOビジネスに進出する計画だ。

日本三井(Mitsui)グループ系列会社の三井ケミカル(MitsuiChemicals)も 00年初めに撤退した核酸医薬品に対するCDMO事業を再び推進する計画だと明らかにした。

一般的に核酸(DNA、RNA)は人体内酵素によって分解しやすいが、分解されないように核酸を変形して開発する計画だ。 現在、世界的に許可を受けている核酸医薬品は、希少疾患に使われる約10種に過ぎない。

会社側が明らかにした核酸医薬品CDMO事業進出の背景を見ると、有機合成で製造する核酸医薬品の変形には高価な費用がかかる。 しかし、三井ケミカルが保有する核酸に化学成分を追加する発酵技術を使えば、有機合成方法に比べて生産コストを半分に下げることができる。 今後、核酸医薬品が癌、糖尿、高血圧など慢性疾患に多様に適用される場合、製造単価を下げることが競争力になると判断したものとみられる。

これに先立ち、バイオ医薬品CDMOに進出した企業の中で大きな成長を見せ、注目を集めた企業もあった。 富士フイルム(Fujifilm)、JSR、カネカ(Kaneko)の3社だ。

富士フイルムは米国でコロナ19ワクチン原料医薬品の委託生産を引き受け、実績が大幅に増えた。 JSRはバイオ医薬品委託生産と精製過程に使われる素材販売によって成長し、カネカはベルギーに位置するコロナ19ワクチン委託生産施設と診断キット販売などを通じて売上成長を成し遂げた。


  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2022 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭
오늘의 단신