「ワクチン3次接種を受ければオミクロンは危険ではない」
「ワクチン3次接種を受ければオミクロンは危険ではない」
「3次接種完了時の致命率は季節型インフルエンザ水準に過ぎない」
  • ヘルスコリアニュース
  • admin@hkn24.com
  • 승인 2022.02.28 16:55
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

[ソウル=ヘルスコリアニュース] コロナ19ワクチンを3次まで接種すれば、「オミクロン変異(Omicron variant)」に感染しても、その危険性は季節型インフルエンザ水準にまで下がることが分かった。

28日に政府が発表した「予防接種の有無によるオミクロンの致命率分析結果」によると、3回目の接種完了時のオミクロン変異に対する重症·死亡予防効果は非常に高いことが分かった。 オミクロン変異の年齢標準化致命率は0.18~0.21%で、デルタ変異(0.7%)に比べ1/4の水準であり、予防接種を受けるとさらに低くなると分析された。

一方、未接種の場合、オミクロンの致命率は0.5%で季節型インフルエンザの5~7倍に達し、3次接種を完了した場合は0.08%に減少した。 これは季節型インフルエンザの致命率である0.05-0.1%と似た水準だ。

特に、60歳以上の年齢群で3次接種者のオミクロン致命率は0.5%に過ぎなかったが、未接種時のオミクロン致命率5.39%と高かった。 これは未接種者の致命率が3次接種完了者に比べて10倍以上高いものだ。

これを受け、政府は2月14日(月)から18歳以上の成人未接種者を対象にノババックス(Novavax)が開発した「ニューバックソビド(Nubaxovid)」の接種を進めている。

ニューバックソビド」は遺伝子組換えたんぱく質方式のワクチンで、コロナ19パンデミック(大流行)局面で新たに登場したファイザー社とモダーナ社のmRNA(メッセンジャーリボ核酸)ワクチンとは違い、安全性が立証された。 B型肝炎ワクチンや子宮頸がんワクチンなどがこの方式で開発され、長期間接種が行われてきた。

コロナ19予防接種対応推進団は「組換えたんぱく質ワクチンは韓国国民にとって接種経験が豊富なワクチンだけに、未接種の国民がより積極的に接種に参加するきっかけになるだろう」と期待を示した。

27日(日)0時基準のノババックスワクチンの累積接種者数は、計6万261人であり、1回目4万3444人、2回目2876人、3回目1万3941人である。 特に、2月14日(月)から2月26日(土)まで18歳以上の成人1次接種者6万9000人中62.5%の4万3000人がノババックスワクチンで1次接種を完了した。

政府は現在、事前予約ホームページ(http://ncvr.kdca.go.kr)などを通じて、ノババックスワクチン接種に対する予約を受け付けている。 事前予約完了者は3月7日(月)から接種が可能である。 2次接種日は1次接種日から3週以後に自動予約される。


  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2023 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭