イルドン製薬、経口用コロナ19治療剤「S-217622」臨床試験計画変更
イルドン製薬、経口用コロナ19治療剤「S-217622」臨床試験計画変更
「有意義な2a相の結果導出によって2b相と3相臨床試験分離実施」
  • ヘルスコリアニュース
  • admin@hkn24.com
  • 승인 2022.02.16 09:43
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

イルドン製薬とシオノギ製薬の「コロナ19治療剤共同開発協約式」が昨年11月、オンラインで進められている。(左のシオノギ製薬手代木功代表·右のイルドン製薬ユン·ウンソプ代表) [写真=日東(イルドン)製薬提供]
イルドン製薬とシオノギ製薬の「コロナ19治療剤共同開発協約式」が昨年11月、オンラインで進められている。(左のシオノギ製薬手代木功代表·右のイルドン製薬ユン·ウンソプ代表) [写真=日東(イルドン)製薬提供]

[ソウル=ヘルスコリアニュース] 日東(イルドン)製薬(代表ユン·ウンソプ)が日本の塩野義(シオノギ)製薬(代表手代木功)と共同開発中の経口用コロナ19治療剤「S-217622」の2b/3相臨床試験計画を変更する。

イルドン製薬は15日、臨床2b/3床を同時に施行することにした既存計画をシオノギ製薬の臨床推進状況に合わせて変更することにしたと発表した。 軽症および中等症患者に対する臨床試験を2b相と3相に分離して進行することにした。 但し、無症状及び軽症のみの患者に対する2b/3傷臨床は、既存の計画を維持する。

塩野義製薬は最近、日本で「S-217622」に対する2a相の結果を発表している。 発表によると、抗ウイルス効果において「S-217622」投薬群はウイルス力価及びウイルスRNAの大きな減少を示し、4日目ウイルス力価陽性比率がプラセボ群に比べて60~80%まで減少した。 また、投薬群において入院又は入院と似た治療が必要な悪化事例は発見されなかった。 重篤な副作用や異常事例も認められなかった.

イルドン製薬関係者はヘルスコリアニュースとの通話で「軽症及び中等症患者に対してS-217622の許可を加速化することができるよう、当初統合されていた臨床2b相と3相を分離することにした」とし「塩野義製薬も日本で2a相臨床試験の結果発表と共に臨床プロトコルを変更し、先週3相臨床を始めた」と述べた。

この関係者は「2a相以上の臨床試験の結果だけでなく、オミクロン変異の拡散、ワクチン接種の拡大、在宅治療の増加などコロナ19と関連した全般的な環境変化も考慮して臨床デザインを修正した」と説明した。


  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2022 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭