ドライアイ治療剤の開発に製薬会社が相次いで挑戦状
ドライアイ治療剤の開発に製薬会社が相次いで挑戦状
2020年国内患者数245万人 ... IT機器の長時間使用により持続的な増加傾向 
  • ヘルスコリアニュース
  • admin@hkn24.com
  • 승인 2021.11.27 17:50
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

안과 노안교정 인공수정체 시력 눈

[ソウル=ヘルスコリアニュース] 韓国の製薬会社が相次いで眼球乾燥症(ドライアイ)の治療剤の開発に乗り出している。 

ドライアイは目の痛みを引き起こす最もよくある病気だ。 眼の刺激感、異物感、灼熱感などの症状が現れ、放置すると視力にも影響を与えかねないため管理が求められる。 最近、ドライアイの患者が持続的に増えている。 専門家らは、電子機器の長時間使用や大気汚染などが影響を及ぼしたものと見ている。

健康保険審査評価院の調査によると、2010年186万人だったドライアイ患者は2020年245万人に増加した。 このように患者が増加し、関連治療剤市場も共に拡大している。 市場調査機関「リサーチアンドマーケット」(Research And Markets)によると、全世界の眼球乾燥症市場は2020年から年平均7%成長し、2030年には7兆5000億ウォンに達するとの見通しだ。 

製薬会社はこの機会を狙って、猫も杓子も眼球乾燥症治療剤の開発に飛び込んでいる。 

#デウ製薬は今月18日、食品医薬品安全処から「レバミピド」(DWP-DN11)の2b相および3相臨床試験を承認された。 「レバミピド」(Rebamipide)は胃潰瘍及び胃粘膜病変を改善するために使用する薬物で、代表的な粘膜保護剤の一つだ。 胃粘膜を保護するのに主に使われた「レバミピド」を眼球に適用、眼球乾燥症治療剤を開発しようとするものとみられる。 「レバミピッド」を利用したドライアイ治療剤の開発は大宇製薬以外にも国際薬品とサムジン製薬が研究を進めている。 

#ハンオルバイオファーマは今月24日、米国で行われているドライアイ治療新薬候補物質「HL036(タンパーナセプト)」に対する3b相臨床試験で初めての患者投薬を始めた。 今回の臨床は、昨年5月に完了した米国の臨床3a相で確認された角膜中央部位の損傷と眼球乾燥感の改善効果を再立証するためのものだ。 

会社側によると、「HL036」はタンパク質改良技術である「レジスタイン」(Resistein)を用いて分子を改良することで、TNF中和能力を画期的に強化したTNF抑制メカニズムの薬物である。 昨年発表された臨床3相の結果、点眼時の眼球の不快感は人工涙と同様に安らかで異物感がないことが分かった。

このほか#ハンリム製薬は今年4月に新生バイオベンチャー企業のルダキュア(RudaCure)とドライアイ治療剤"RCI001"の共同研究開発および投資契約を締結した。 当時の会社側の発表によると、「RCI001」は市販中の競争薬物より早く涙分泌及び角膜損傷回復を促進し、優れた点眼順応度と安全性を見せたことが分かった。 この薬物は炎症活性化を抑制するメカニズムとして、強力な抗炎症および抗酸化効果を発現し、ドライアイを緩和する。 

ドライアイは人工涙液などで目の乾燥を一時的に緩和する治療が主に行われている。 万が一、根本的な原因を治療できる新しい治療剤が発売される場合、患者数が持続的に増加している市場で有利な立場を確保できるものと見られる。


  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2022 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭
오늘의 단신