喫煙、年齢に関係なく心血管疾患·肺がんの発生率を高める
喫煙、年齢に関係なく心血管疾患·肺がんの発生率を高める
仁川聖母病院心臓血管内科チェ·イクジュン教授研究チーム、1万683人分析研究

全体死亡率24%、心臓原因死亡率19%、心血管疾患発生率13%増加
  • ヘルスコリアニュース
  • admin@hkn24.com
  • 승인 2021.11.09 09:01
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

カトリック大仁川聖母病院心臓血管内科のチェ·イクジュン教授[写真=仁川聖母病院提供]
カトリック大仁川聖母病院心臓血管内科のチェ·イクジュン教授[写真=仁川聖母病院提供]

[ソウル=ヘルスコリアニュース]  タバコを吸うと、年齢と関係なく急性心筋梗塞と肺がんの発生率がすべて高くなるという研究結果が出た。

カトリック大学仁川聖母(インチョン·ソンモ)病院心臓血管内科のチェ·イクジュン教授研究チームは、04年から14年までカトリック中央医療院傘下の8つの病院と全南(チョンナム)大学病院で冠動脈仲裁術を受けた急性心筋梗塞症の患者1万683人のデータを分析した。

喫煙者の平均年齢は59歳、非喫煙者は平均68歳だった。 研究結果、喫煙者が平均9年ほど早く急性心筋梗塞症にさらされるという結果が出た。 

心血管の危険要因に対する性向点数をマッチングした後、喫煙者の5年間の長期予後を比較した結果、非喫煙者対比喫煙者の全体死亡率は24%、心臓原因死亡率と主要心血管疾患発生率はそれぞれ19%、13%高かった。 特に肺がんは喫煙者が非喫煙者より2.75倍も多かった。

興味深い点は喫煙者で高血圧、糖尿病、慢性腎不全、脳卒中、心臓ステント挿入術など過去力を持った頻度が非喫煙者に比べてもっと低かったという点だ。

チェ·イクジュン教授は「喫煙者は心血管疾患の危険因子である高血圧、糖尿病、慢性腎不全、脳卒中などの危険因子をより少なく持っているか、あるいは年齢がはるかに若くても心筋梗塞を発症することがあり、肺がんの発生率も高めることができる」とし、禁煙の重要性を強調した。

研究結果は大韓心臓学会誌(Korean Circulation Journal)最新号に掲載された。


  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2022 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
투데이리포트
베스트 클릭
오늘의 단신