大元製薬、コロナ19治療剤の開発に着手
大元製薬、コロナ19治療剤の開発に着手
  • ヘルスコリアニュース
  • admin@hkn24.com
  • 승인 2021.11.04 12:09
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

[ソウル=ヘルスコリアニュース]  韓国の大元(テウォン)製薬が遅れて経口用コロナ19治療剤の開発に乗り出す。

食品医薬品安全処は2日、大元製薬の高中性脂肪血症治療剤「テジフェノン錠剤」(TG Fenon Tab、成分名:フェノフィブレイトコリン)に対し、コロナ19治療目的の2相臨床試験計画を承認した。

今回の臨床は、コロナ19の診断を受けた患者のうち、すでに入院をしたか、または入院が必要な患者を対象に「テージフェノン - 錠」の有効性と安全性を評価することである。 臨床試験は無作為配置、二重目隠し方式で行われ、目標試験対象者数は80名である。

大元製薬は来年2月、臨床試験を開始し、被験者募集を6月に完了する計画だ。

 

テウォン製薬がコロナ治療剤として開発予定の「テジフェノン-錠」。
テウォン製薬がコロナ治療剤として開発予定の「テジフェノン-錠」。

「テジフェノン-錠」は、テウォン製薬が世界で初めて精製化に成功したフェノフィブレイトコリン製剤だ。 難溶性物質であるフェノフィブレイトにコリン塩を追加して親水性を高め、胃腸管ではなく小腸から薬物が溶出するようにして体内吸収率を高めた。

既存の製剤が体内吸収率を高めるために必ず食後に服用しなければならなかったものと違い、「テジフェノン-錠」は食事と関係なく服用できる。 高中性脂肪血症治療剤の中で製剤の大きさが最も小さく、服用の利便性も高い。

フェノフィブレイト成分は昨年7月、コロナ19ウイルスの増殖を遮断するというイスラエルのヘブライ大学(Hebrew University)生命工学センターとアメリカのニューヨークのマウントシナイメディカルセンターの共同研究チームの発表で注目され始めた。

今年8月には、フェノフィブレイトがコロナ19感染を最大70%まで予防できるという研究結果が、英国バーミンガム大学(University of Birmingham)とキル大学(Kiel University)、イタリア·サン·ラファエレ(San Raffaele)科学研究所、デンマーク·コペンハーゲン大学(University of Copenhagen)の共同研究チームによって発表された。

イスラエルのアシュケロン·バルジライメディカルセンターで進行中のFENOC臨床試験の中間分析結果によると、重症コロナ患者15人を対象にフェノフィブレイトを投与した後、48時間以内に早い速度で炎症が除去され、15人全員が10日以内に酸素治療を中断して退院した。

大元製薬関係者は「本格的に始まった"ウィズコロナ"(With Corona)時代に合わせ、服用が簡単で効果が優秀なコロナ19治療剤を開発するため臨床2相試験を計画した」とし「国内技術で経口用治療剤を開発し、コロナ19克服に貢献する」と述べた。


댓글삭제
삭제한 댓글은 다시 복구할 수 없습니다.
그래도 삭제하시겠습니까?
댓글 0
댓글쓰기
계정을 선택하시면 로그인·계정인증을 통해
댓글을 남기실 수 있습니다.

  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2022 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭
오늘의 단신