がん細胞転移を防ぐ特定タンパク質の役割を究明
がん細胞転移を防ぐ特定タンパク質の役割を究明
東京医科歯科大研究チームの成果

「がん治療のための新たな転機になりそう」
  • ヘルスコリアニュース
  • webmaster@hkn24.com
  • 승인 2020.12.16 20:01
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

VASH1が癌細胞と内皮細胞の間の信号伝達過程を邪魔し、新生血管生成を抑制する過程を説明する図。
VASH1が癌細胞と内皮細胞の間の信号伝達過程を邪魔し、新生血管生成を抑制する過程を説明する図。

【ソウル / ヘルスコリアニュース】  腫瘍細胞が体全体に広がるのを抑制する特定たんぱく質の作用メカニズムが究明された。


癌が他の臓器に広がる転移が進行すれば、治療が難しくなり予後もさらに悪化する。この過程は、がん細胞自体の突然変異とがん細胞を取り巻く他の細胞の影響で促進され、主に腫瘍血管新生(tumor angiogenesis)を通じて行われる。


日本の東京医科歯科大学(Tokyo Medical and Dental University, TMDU)研究チームはタンパク質「バソヒビン-1(VASH1)」ががん細胞が新しい血管を生成するために、周辺のがん細胞や他の細胞とお互いに信号を伝達する過程を妨げるメカニズムを突き止めた。


研究チームは、自分たちの以前の研究を通じて、VASH1が新しい血管生成に必須の内皮細胞(endothelial cells)の運動を妨害して癌細胞の転移を防ぐという事実を明らかにしたことがあるが、今回の研究を通じてこの過程がどのように行われているのかも説明できるようになったのである。


研究チームががん細胞にVASH1を投与して観察した結果、微細管(micro-tubule)で起きるデトロシネーション(detyrosination)と呼ばれるがん細胞と内皮細胞との相互作用経路に微細な変化が生じた。 VASH1は、がん細胞と内皮細胞との信号交換の環境を撹乱し、信号がちゃんと伝わらないようにしたり、新しい血管形成のために移動する内皮細胞分子の経路は変える役割をした。


微細管とは,中心部が空洞になって細胞の数ヵ所に物質を輸送する役割をするニューロン全体にわたって分布する管をいう。


これに続き、研究チームがVASH1突然変異を投与するか、VASH1を投与した後、VASH1抑制剤を投与すると、VASH1のみを投与したときに現れた新生血管抑制効果は現れなかった。 研究チームは、このような結果を根拠にVASH1の投与ががん細胞転移を防ぐことができると判断した。


今回の研究の首席著者である、東京医科歯科大学教授の小林みほ(Miho Kobayashi)は「がん細胞の転移は内皮細胞に伝わるがん細胞により特定のメッセージの作用により行われる。 これは内皮細胞に入り、血管新生を加速化させる変化を誘導する」とし「VASH1活動はこの信号が目的地に届くことを防ぐ障害物のような役割をする」と述べた。


小林教授は「血管新生に対する理解が高まればがん成長と拡散を抑制する方法に対するアイデアが多くなる」とし「今回の研究はがん治療のための新しい戦略を作るきっかけになるだろう」と期待している。

(ヘルスコリアニュース / http://www.hkn24.com)


  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2023 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭