胃がん征服の道が開かれた
胃がん征服の道が開かれた
台湾清華大学研究チーム、約300人の臨床資料分析

胃がん転移誘発2つのバイオマーカー発見

腫瘍内の二つの酵素PHF8とPKCαがPTENの役割を妨害

血液がん治療剤、ミドスタウリンを利用してPKCα抑制効果を究明
  • ルスコリアニュース 日本語版
  • admin@hkn24.com
  • 승인 2020.12.07 20:17
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

台湾清華大学分子細胞生物学研究所の王文清教授(Wang Wen-ching、左)の研究チーム。(写真=清華大学提供)
台湾清華大学分子細胞生物学研究所の王文清教授(Wang Wen-ching、左)の研究チーム。(写真=清華大学提供)

[ソウル/ヘルスコリアニュース]  台湾の研究チームが、胃がん転移をもたらす2つの核心バイオマーカー(生体標識)を発見し、すでに米食品医薬局(FDA)が承認した薬物を利用して腫瘍成長を効果的に制御し、転移を阻止できる治療の道を開いた。

胃がん細胞が拡散転移する主な原因は、まるで自動車のブレーキのような役割を果たす腫瘍抑制たんぱく質であるリン酸塩とPTENが十分に機能しないためだ。 この2つの酵素がまともに役割を果たさないと、癌細胞が増殖して膨張し、かなり危険な転移性腫瘍に成長する。

台湾国立清華大学(National  Tsing  Hua  University)の王、ウェンチン(Wang  Wen-ching)教授チームは、胃がん患者約300人の臨床資料から導き出した3万個以上の潜在的遺伝子作用メカニズムを分析し、この2つのたんぱく質の正常な役割を防ぎ、胃がんの成長と進行が促進される生物学的経路を突き止めた。

分析の結果、二つの酵素PHF8とPKCαが胃がん転移に核心的な役割を果たした。 胃がん組織の約40%で発見されるPHF8はPKCαの急増をもたらし、ブレーキ機械が故障したかのように「PTEN」の損失を誘発し、転移を誘発したのだ。

研究チームはこれに止まらず、このバイオマーカーを抑制する方法まで突き止めた。

研究チームはゼブラフィッシュとネズミを対象にした実験を通じて、3年前にFDAが血液癌治療剤として承認したミドスタウリンがPKCαの活性度を下げて腫瘍を萎縮させ、癌の更なる拡散を抑制できるという事実を突き止めた。

研究を率いた王文清教授は「現在までは胃がんを治療できる標的抗がん剤が1つだけで、世界の患者の20%未満に適している。 さらに台湾でこの数値は8%に落ちる」とし、「こうした問題を克服するため、今回の研究を始めることになった」と述べた。

王教授は「もう少し精密な治療法を探す突破口は学際間の協業を通じて見出せる」と今後の研究計画を明らかにした。 

このような作業まで終えれば、胃がん克服のための道が開かれるものと期待される。

(헬스코리아뉴스 / ヘルスコリアニュース / http://www.hkn24.com)


댓글삭제
삭제한 댓글은 다시 복구할 수 없습니다.
그래도 삭제하시겠습니까?
댓글 0
댓글쓰기
계정을 선택하시면 로그인·계정인증을 통해
댓글을 남기실 수 있습니다.

  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2021 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
오늘의 단신
여론광장