기사 (203건)

ソウルにある大熊製薬本社。[ソウル / ヘルスコリアニュース]  大熊(テウン)製薬が新種のコロナウイルス感染症(コロナ19)治療剤として開発中の「ホイスター錠」(Foistar Tab.)が軽症患者でも治療効果があることが分かった。 今年8月から9月の間にコロナ19に入院し、「ホイスター錠」を投与した患者7人と「カレットラ錠」(Kaletra Tab.)を投与した患者22人を比較し、臨床的有効性と安全性を分析した結果だ。 「カレットラ錠」はエイズ(AIDSHIV)ウイルス治療剤で、最近までコロナ19軽症患者治療に最も多く使われた薬剤だ。 「カレットラ錠」は「ロピナビル」(Lopinavir)と「リトナビル」(Ritonavir)成分で作られている。  ホイスター錠の服用群と対照群の比較分析は、炎症症状の最も敏感な反応指標とされるC-反応性タンパク質(CRP)検査を使用した。 CRPは炎症が発生した時、肝臓で作られ、血流として分泌される物質だ。 炎症の程度がひどいほどCRP数値が高い。 CRP数値は肺炎など人体内の炎症水準を予測できる指標で、コロナ19患者の症状悪化を判断できる。研究陣が「ホイスター錠」と「カレットラ錠」を投与した後のCRP数値を比較した結果、「ホイスター錠」服用群は「カレットラ錠」服用群に比べてCRP数値が正常範囲に調節される傾向が強かった。 「ホイスター錠」の服用群は入院当時CRP異常値を見せた7人の患者のうち、6人(85.71%)が正常範囲に調節され、「カレット錠」服用群は入院当時CRP異常値を見せた18人の患者のうち11人(61.11%)が正常範囲に調節された。研究陣は「ホイスター錠」投与後、患者の発熱症状が抑制されることも確認した。 「ホイスター錠」投薬群(左)と「カレットラ錠」投薬群のCRP変化量「ホイスター錠」は今回の研究で既存の異常反応と知られていた高カリウム血症が1件も発生しなかった。 下痢症状が発生した患者もいなかった。 今回の研究を行ったソウル医療院感染内科のチェ·ジェピル教授は「今回の研究は"ホイスタ錠"の主成分であるカモスタートのコロナ19患者で抗炎症効果を確認した最初の研究という点で意味がある」とし「今後も追加研究を通してコロナ19治療剤の開発に寄与する」と述べた。「ホイスター錠」は慢性膵炎、術後逆流性食道炎の治療に使う専門医薬品だ。 大熊製薬は、同製品を「コロナ19」治療剤として開発するため、臨床第2相試験を進めている。(ヘルスコリアニュース / http://www.hkn24.com)

日本語版 | ヘルスコリアニュース | 2020-12-11 07:34

SKバイオサイエンス研究員がワクチン開発のための研究を進めている。韓国のSKバイオサイエンスが開発中の2番目のコロナ19ワクチンの候補物質「GBP510」が国際民間機関CEPI(伝染病対革新連合)が推進する「Wave2」(次世代コロナ19ワクチン)開発プロジェクトの支援対象に選ばれた。 これによって、SKバイオサイエンスはCEPIから1000万ドル(約109億ウォン)の研究開発費支援を受けることになった。「GBP510」は、CEPIが先月「Wave2」の発掘を開始して以来、初めて選定したコロナ19ワクチンの候補物質である。ゲイツ財団(BMGF)から補助金を受けて稼動したプロジェクトで、差別化された「コロナ19」ワクチン候補を選定し、支援するために運営される。「GBP510」は、今年5月にSKバイオサイエンスがBMGFから支援金を受け、米ワシントン大学抗原デザイン研究所と共同で開発に着手したコロナ19ワクチンの候補物質である。 免疫効果を最大化できる構造の抗原として設計されたのが特徴である。 開発が完了すれば、CEPIとGAVI(世界ワクチン免疫連合)、WHO(世界保健機関)などの国際機関の主導の下、韓国を含む約180カ国が参加する「コバックスファシリティ」(COVAX facility)を通じて全世界に供給される予定である。SKバイオサイエンスは、最終段階に突入した「GBP510」の齧歯類および霊長類対象効力試験を通じて、非常に高い水準に誘導された中和抗体とウイルスの増殖を遮断する防御効果を確認した。 さらに、年内の臨床進入を目指し、9日には食品医薬品安全処に「GBP510」の臨床試験計画(IND)を提出した。(ヘルスコリアニュース / http://www.hkn24.com)

日本語版 | ヘルスコリアニュース | 2020-12-11 07:27

膵臓[ソウル/ヘルスコリアニュース] 膵臓細胞に存在するCDH11(cadherin11)というたんぱく質の発現を減らせば、膵臓癌の成長を遅らせ、生存期間も延長できるという研究結果が出た。 CDH11の生成を抑制する薬物も研究過程で一緒に開発され、まもなく人間を対象にした臨床実験が進められる予定。 成功すれば、膵膓癌治療に画期的な進展をもたらすものと期待される。膵臓癌は非可逆的な形態的、機能的変化が発生した「線維化(fibrosis)」が特徴であるが、この過程では癌細胞周辺に発現するCAF(癌関連線維化合物、cancer-associated fibroblasts)が主な役割を果たす。米国ジョージタウン大学ロンバルディアムセンター(Georgetown  Lombardi Comprehensive Cancer Center)の研究チームは、まず繊維化の過程で単にCAFを抑制することはCAFの過多発現を誘発し、膵臓癌をさらに促進させるという事実を確認した。研究に参加したジョージタウン大学腫瘍学科のイバナ·フェラン教授は「これがCAFの二重の役割」と説明し、「この結果を通じて、単にCAFの発現だけを抑制するのは答えではないことを把握し、次の段階として繊維質と免疫細胞、がん細胞が交差する微細環境を変えてこそ腫瘍の成長を防ぐことができるという仮説を立てた」と説明した。したがって、研究チームは膵臓癌細胞からCAFと癌細胞を結合させる接着分子「CDH11」に焦点を合わせて膵臓癌細胞をネズミに移植した後、CDH11を除去して予後を観察する実験を行った。実験の結果、CDH11が除去されていないマウスは移植した腫瘍の成長が早く、平均生存期間は17日に過ぎなかった。 一方、CDH11を除去したネズミは成長が遅く、平均生存期間も101日に延びた。また、「CDH11」が除去されたマウスは化学抗がん剤「ゼムシタビン(gemcitabine)」の治療効果も大きく、免疫抑制用途も改善された。研究チームは「単にCAFの発現だけを抑制するのではなく、繊維質と免疫細胞、がん細胞を結合して繊維化を促進するCDH11の生成を防ぐのが膵臓がん治療の鍵になるという事実を明らかにしたという点で今回の研究の意義が大きい」と明らかにした。ジョージタウン·ロンバルディがんセンター腫瘍学科のスティーブン·バイアス教授は「ネズミ対象のCDH11実験の結果を基にCDH11を抑制できる薬物を開発し、その効果も確認した」とし、「この薬が人にも使用できるかどうかに対する臨床実験を計画中」と述べた。(ヘルスコリアニュース / http://www.hkn24.com)

日本語版 | ヘルスコリアニュース | 2020-12-11 07:20

米ワシントン医科大学の研究チームは脳脊髄液の中からアルツハイマー病の発病有無だけでなく進行程度まで分かる「MBTRタウ-243」という新しいタイプのタウタンパク質を発見した。[ソウル/ヘルスコリアニュース]  アルツハイマー病(Alzheimer'sdisease)の発病の有無だけでなく、病気がどれだけ進行したのかを具体的に診断できる脳脊髄液中の特定タウタンパク質タイプが発見された。これまではアルツハイマー病の深刻度を測定するためには、高価な陽電子断層撮影(PET)検査を通じて脳をスキャンする方法しかできなかったが、今回の発見でこれからはPET検査なしでも脳脊髄液検査だけで疾病段階を正確に判断することができ、診断と治療計画の樹立に大きく役立つものと見られる。米セントルイス所在のワシントン医科大学(Washington University Schoolof Medicine)の研究チームは、脳脊髄液から検出される微細管結合部位タウ(microtubule bindingregion tau, MBTR tau)のうち「MBTRタウ-243」の数値がアルツハイマー病の段階がわかるバイオマーカーになり得るという事実を、70代男女100人の脳脊髄液分析を通じて明らかにした。100人の研究対象男女のうち30人は認知障害がなく、アルツハイマーの兆候もなかった。 58人は認知症状がなかったり、軽症または中程度のアルツハイマー認知症を持つアミロイド·プラークがあり、残りの12人は他の疾患によって認知障害があった。ところが髄液分析の結果、「MTBRタウ-243」の数値がアルツハイマー病患者の方が高くなっていた。 また、認知障害の程度がひどいほど、MTBRタウ-243」が多く発見された。さらに研究チームは、アルツハイマーにかかった20人と症状のない15人の計35人を対象に、PET脳スキャンで見られるタウの量を脳脊髄液から検出されたMTBRタウ-243の数値と比較した。 その結果、タウの量と「MTBRタウ-243」の数値との間に比例関係があることが確認された。その後、アルツハイマーの進行と「MTBRタウ-243」数値との相関関係を分析するため、短くは2年、長くは9年にわたって後続研究を行った。 100人のうち最初の研究当時、アルツハイマー初期状態で測定された14人と正常状態の14人を対象に後続追跡研究を行ったのだ。 その結果、アルツハイマー初期に測定されたグループの「MTBRタウ-243」数値は、認知機能テストで点数が悪化するほど一緒に増加した。研究首席著者のランダル·バイトマンワシントン大学医学部教授は「このMTBRタウ-243バイオマーカーを利用した検査法が大衆化すれば、認知機能の低下がアルツハイマー病のためなのか、またアルツハイマー病のためならどの段階にあるのか、PET撮影なしでも調べられるだろう」と述べた。ベイトマン教授は続いて「現在進行中の他の研究で他の種類のタウタンパク質に基づいた血液検査法を開発しているが、まだどの検査もタウタンパク質の量で病気の深刻度を診断することはできない」と今回の研究の成果を評価した。今回の研究の第1人者、カンタ·ホリエ米ワシントン大学医学部客員研究員は「MBTRタウはタウタンパク質の中で不溶性のかけらであり、アルツハイマー患者からよく発見されるタウアンキム(tautangle)の主要成分だ。 脳を循環しながら脳に栄養を供給する脳脊髄液の中で溶けず、タウのもつれを構成する特定タウの数値を測ることができれば、タウのもつれが脳にどれだけ広がっているかを知ることができると思った」とMBTRタウに関心を持つようになった背景を説明した。(ヘルスコリアニュース / http://www.hkn24.com)

日本語版 | ヘルスコリアニュース | 2020-12-11 07:14

[ソウル/ヘルスコリアニュース]  欧州コロナ19の累積確定者数が40万人を突破した。 AFP通信によると、28日(現地時間)現在、欧州のコロナ19累積確定者数は1760万人余りで、このうち40万6000人余りが死亡した。 英国の場合、確定確定者約160万人で、死者は約5万7500人で最も多く、イタリアの累積確定者は約150万人、死者は約5万3600人でその後を継いだ。 確定者別ではスペインが164万人あまりで欧州で最も多い。 さらに心配なのは天気が寒くなり、昨春の急激な確定者数の増加が再び再現される様子を見せていることだ。 このような状況でも、デンマークは確定7万8000人余りで死亡率は1.1%に過ぎず、欧州でもコロナ19防疫が最も上手な国として知られている。 これはデンマークの人口(約579万人)が英国やイタリアの人口比10分の1未満であることを考慮しても、欧州で最も少ない数値に属する。 デンマークはどうやってコロナ19防疫に成功した国になったのか。 デンマーク政府と地域別公共病院の運営機関、そして保健医療および生命科学産業協会が共同で設立した官民協議体「ヘルスケアデンマーク(Healthcare DENMARK)」を率いるハンス·エリック·ヘンリクセン(Hans Eric Henriksen)代表にデンマークのコロナ19対応政策について聞いてみた。 ヘンリクセン代表は「デンマークは政策設計と執行過程で韓国の『K-防疫』を参考にしたケースもある」とし「韓国が感染拡散を統制するのに世界最高を走っていることをよく知っている」と述べた。 次はヘンリクセン代表との一問一答だ。  ハンス·エリック·ヘンリクセン(Hans Eric Henriksen)代表 Q.デンマーク·コロナ19対応原則の柱は何であり、最初の確定者発生後これまでの推移は?  デンマークはコロナ19発生初期、韓国と同様の強度で対応した。 そして3月初めにはほぼ全面的な国境封鎖が進められたが、これは感染拡散を統制し、病院治療が必要な患者発生数の増加幅を低くし、感染症発生率の曲線をゆるやかにするのに役立った。 当時、国境封鎖による経済的な打撃は大きかったが、これは保健当局が拡散を抑制し、コロナ19再流行に備えた戦略を立てるのに必要な資源と時間を稼いでくれた。 今春の措置でデンマークはコロナ19が再流行中の現在,拡散初期に比べてよりよい。さらに、技術革新を通じて、確定者数を管理しようと努力したことも、ほかの欧州諸国とは差別的な部分だ。 今は国家レベルではなく、各地域で対応して拡散を抑制しており、諸欧の国に比べてはうまく対応できていると思う。 もちろん韓国と比べると1日の新規確定者数は高い方だが、韓国は全世界が学ぶべき点が多いモデル防疫国なので、直接比較するのは無理がある。   Q.技術革新によるデンマークのコロナ19対応について分かりやすく説明してください。  今回のパンデミックは保健当局と産業界の両方に危機意識を呼び起こし、効果的な防疫とさらに迅速かつ正確な検査ができるようにすることに合意した。 代表的な例として、もともと今後数年後にリリース予定であった遠隔相談のようなデジタルソリューションが直ちに導入された。 その他にも自律走行自動消毒ロボット、病院内のスマートな衛生および患者応対ソリューション、コロナ19サンプル運送ソリューションなど、産業界と保健当局は相互協力の下、様々な新技術がコロナ19対応のために開発·導入された。 また、既存のデジタルインフラも幅広く積極的に活用された。 全国の全ての病院と選別診療所をデジタルインフラシステムに連結して、病院別のコロナ19病床数と感染拡散傾向をリアルタイムで確認できるように措置した。 これによって保健当局は現在、毎時間アップデートされた全国の新規確定者数と地域別の総コロナ19入院患者数などを一目で見ることができた。   Q.デンマークが韓国のコロナ19防疫(K-防疫)に関心を持つようになったのはいつから?  コロナ19拡散初期からデンマークは韓国が迅速かつ具体的な対応で拡散を抑制していることに気づいていた。 韓国の対応は、社会が受ける打撃を減らしながらも、ロックダウン(全面的移動制限)や国境封鎖という強力な措置を取らなくても済むようにし、今も多くの国がコロナ19の再流行で苦しんでいるのに比べて、韓国は依然として感染拡散を統制するのに世界の先頭を走っていることをデンマークは知っている。 さらに私たちは最近駐韓北欧(デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン)大使館が共同主催した「ノルディックトークコリア(Nordic Talks Korea)」に参加し、韓国のコロナ19対応とソリューションについてより詳しく知ることができた。   Q.「K-防疫」で外信の称賛を受けた韓国も、医療陣の消尽問題は絶えず頭をもたげている。 デンマークも同じ問題を経験していると見ているが、どのように解決したのか。  デンマークの医療チームも、コロナ19によって業務過重に悩まされることがある。 ただし、今年3月に取られた国境封鎖が医療システムへの負担が大きくない水準で入院患者数を維持するのに役立った。 したがって、業務過重は特定期間にいくつかの病院、あるいは一つの病院内でもいくつかの科·部署に一時的に当たるものであって、全国の医療陣に該当する一般的であったり深刻なレベルの問題ではなかった。 また、デンマークはコロナ19長期対応のため、医療陣と緊密に協調し、病院内での措置と対応方式を再構成し、新しい方式を導入してきている。 (政策決定において)医療陣の直接的な参加は、医療陣当事者たちが感じるストレスや不安を減らすのに役立っている。   Q.スペインやイタリアの「確定感染者大爆発」のニュースを耳にし、韓国人らも大変驚いた。 これらの国々とデンマークとの最大の違いは何か。  まず、最近の拡散税の再増加には、若年層が「コロナ19」がどうせ長期化すると見て、緊張を緩めた影響が大きい。 これはデンマークのみならず、欧州全体に当てはまる事項である。 拡散初期にデンマーク政府がとった強力な措置により、現在は地域レベルでの感染拡散などへの統制対応が可能となっているが、コロナ19の終息にはまだ時間がかかるため、デンマークの対応が他の国々に比べて結果的にどうだったかを評価し、判断するには早いようである。 ただし、デンマークの市民は政府のコロナ19対応政策や各種規制、助言などを信頼し、しっかり守ってくれている。 そのためデンマークはヨーロッパの諸外国に比べて比較的状況がよいと考えられる。   Q.最後に「ヘルスケアデンマーク」が作られた理由とその機能について説明する。  ヘルスケアデンマーク(Healthcare DENMARK)はデンマーク産業省主導の下、2012年に非営利官民協力機関として設立された。 現在、△デンマーク政府(保健部、外交部、産業部)△地域別公共保健当局(公共病院運営機関)△各種保健医療および生命科学産業協会△業界内の企業と研究機関などで構成されており、デンマーク王室のメアリー皇太子妃(Crown Princess Mary)が公式後見人(patron)だ。 主な目的はデンマークの保健医療および生命科学界の専門性と革新力量を世界に広く知らしめ、潜在パートナーと連結することで、そのために様々な国際的広報と支援活動を行っている。 外国の主要利害関係者やマスコミなどを対象に現場訪問プログラムも運営している。 (ヘルスコリアニュース / http://www.hkn24.com)

日本語版 | ヘルスコリアニュース | 2020-12-09 10:35

コロナ19ワクチン[ソウル / ヘルスコリアニュース] 韓国政府が「コロナ19」予防ワクチン4400万人分をまず先に購入することにした。 全体国民の85%が接種できる量という。政府は8日、丁世均(チョン·セギュン)首相主宰で開かれた閣議で、韓国国民に投与するこうした内容の「コロナ19ワクチン確保計画」を確定、発表した。政府が優先購買する予定のコロナ19ワクチンは、多国家連合体であるコボックスファシリティ(COVAX Facility)で約1000万人分(2000回分)、グローバルワクチン製薬企業で約3400万人分(6400万回分)など計4400万人分だ。 ワクチンは1人当たり2回の投与を基準とする。グローバル製薬会社を通じて持ち込む予定のワクチンは、アストラゼネカ(AstraZeneca)やファイザー(Pfizer)、モダーナ(Moderna)がそれぞれ2000万回分であり、ヤンセン(Janssen)は400万回分だ。韓国政府はこのため、今年6月末から関係省庁と民間の専門家で構成された「ワクチン導入特別担当チーム(TF)」を構成し、7月からはファイザー、アストラゼネカなどワクチン開発で先頭に立っているグローバル企業とワクチン購入に向けた協議を続けてきた。韓国政府のこのような努力のおかげで、アストラゼネカとはすでに先に購買契約を締結した。 韓国政府は、他の企業とも拘束力のある購買約款などを締結し、購買物量などを確定した。韓国政府は1次で購入するコロナ19ワクチン4400万人分を来年の2-3月から段階的に導入、韓国国民に接種する予定だ。コロナ19ワクチンは、一般的に社会構成員の70%以上の接種を完了してから集団免疫が形成されるという。 集団免疫を形成したということは、コロナ19がこれ以上周辺に感染しないという意味である。韓国政府が1次的に購買予定のコロナ19ワクチンは、5178万人に達する韓国国民の95%が接種できる量であるため、計画通り接種が行われれば、集団免疫の形成に大きく役立つものと期待される。(ヘルスコリアニュース / http://www.hkn24.com)

日本語版 | ヘルスコリアニュース | 2020-12-09 10:29

歯の健康は幼い頃培われた習慣が左右すると言っても過言ではない。[ソウル/ヘルスコリアニュース]  韓国では「歯は五福の一つ」という言葉がある。 それだけ、人体の健康維持に重要だという意味を盛り込んでいる。 不健康な歯は、食べ物を噛むことができず、消化に影響を及ぼすだけでなく、人体が必要とする各種栄養成分の吸収にも障害を受ける。 特に歯は他の人体器官とは違って、一度損傷すれば原状回復が難しく、事前予防が必要だ。 歯の健康は何よりも幼い頃の習慣が左右すると言っても過言ではない。 親が子どもに歯の健康の大切さを分からせなければならない理由だ。 子どもたちの健康な歯の管理のために何が必要なのか、食品医薬品安全処のアドバイスで分かる。  正しい歯磨きの選び方 歯磨き粉には虫歯を予防するフッ素、歯の表面についた汚れを取り除き歯を輝かせる研磨剤、泡が立ち汚れを落としやすくする発泡剤、適度な湿度を持たせる湿潤剤、歯磨き粉が均一で安定した形態を保つ結合剤、そして味と香りを改善する着香剤·甘味剤、製品における微生物の成長を抑制または減少させる役割をする保存剤などが入っている。子どもの歯磨き粉の成分もこれと似ているが、関心をもち、購入する習慣が必要だ。 特にフッ素が含まれた歯磨き粉を選ぶ場合は、製品容器や包装に「医薬部外品」の表示と共に、「フッ素含量(○○ppm)」の文言を確認して購入しなければならない。専門家らは、乳歯が生えると、虫歯予防のために少量のフッ素が含まれた歯磨き粉の使用を勧めているが、市中で販売されている子供向け歯磨き粉は、フッ素がないか、非常に低い容量(約500ppm)の製品もあることを知っておくべきだ。 このような歯磨き粉の購入は避けた方がいい。 (参考に、ppmは1百万分の1を表す単位であり、乳歯は初めて発生する歯として成長するにつれて抜けて永久歯に代替される。) 正しい歯磨き粉·歯ブラシの使い方 歯磨き粉は、たくさん使ったからといって、いいものではない。 満6歳以下の子どもが歯磨き粉を使う場合は、枝豆の大きさだけ取り出して使用し、3歳未満の子どもは米粒の大きさだけ取り出して歯みがきをし、なめたり飲み込んだりしないように注意しなければならない。子どもの正しい歯磨きのためには、手首の回転を利用して下の歯は下から上に、上の歯は上から下にブラシをかけるように滑らせ、奥歯の上の部分は擦るように丁寧に磨く。口の中の清潔と口臭予防のためには、専用器具でなくても歯ブラシで舌を拭いた方が良い。 健康な歯の管理のためには、下の歯は下から上に、上の歯は上から下にブラシをかけるように滑らせ、奥歯の上の部分はこするように丁寧に磨くと良い。歯磨き粉を使用する際の注意点 子どもがフッ素を含む歯磨き粉をたくさん飲み込んだ場合は、直ちに医師または歯科医師に相談して、歯磨き粉は子どもの手の届かないところに保管することが望ましい。フッ素を取りすぎると胃腸障害や嘔吐などを誘発することがあり、歯が発達する時期には歯のフッ素症などの副作用が現れることもありうるので注意が必要。 歯牙フッ素症とは、歯の表面に白色の斑点が現れたり、黄色または茶色の色素が不規則に着色する現象を言う。 上記のとおり、基本的な原則を守るなら、特別な病気がない限り、ほとんど健康な歯を維持することができるというのが専門家たちのアドバイスである。(ヘルスコリアニュース / http://www.hkn24.com)

日本語版 | ヘルスコリアニュース | 2020-12-08 14:18

[ソウル/ヘルスコリアニュース]  これまでインフルエンザはある程度予防が可能だったが、風邪は予防と治療においてほとんどお手上げだった。 ところが、シンガポールのある研究チームが風邪を治療する手がかりを見つけた。 私たちの体に入ってきた風邪ウイルス(ライノウイルス、HRV)を認知して免疫反応を起こすたんぱく質を発見したのだ。 その過程の作用機転も究明した。 風邪とは、このたんぱく質がHRVを死滅する過程で発生する炎症が原因だが、今回の発見で一般風邪に対する新しい治療法を開発できるものと期待される。シンガポール·南洋工科大学(Nanyang  Technological  University)傘下のリコンチアン医科大学(Lee  Kong  Chian  School  of  Medicine)の研究チームは、数年前から存在は知られていたが、なぜ存在するのか正確に知られていなかったタンパク質「NLRP1」に注目した。研究チームは「NLRP1」が体の中でウイルスによく露出する皮膚と肺の表面で多く観察されるため、ウイルスと関連があるという仮説を立てた。さらに研究チームは、たんぱく質を誘発するウイルスがあるかどうかを確認するため、複数のウイルスに対するNLRP1反応を検査した。数カ月の実験後、研究チームはHRVによって誘発された酵素の一つである「3Cpro」が人間の気道細胞からNLRP1を活性化するという事実を発見した。3Cpro酵素は特定地点でNLRP1によって切断され、炎症を誘発して死滅する。 これは感染時、HRVのような病原体を速やかに除去するのに重要な過程ではあるが、死滅の過程でNLRP1が呼吸器を侵犯する場合、風邪の症状が現れる。研究チームは「風邪とはNLRP1がHRVを死滅する過程で呼吸器で発現する場合、免疫反応を起こして現れる炎症」とし「これがひどくなると気管支炎と肺炎につながる」と説明した。研究チームは「NLRP1がHRVを発見して対応する機転を明らかにした。 したがって風邪の症状に対する新しい治療法が出てくる可能性がある」とし「次の段階として臨床医とともに過度なNLRP1発現を減らす薬物を開発する」と明らかにした。研究チームは「肺細胞に発現したNLRP1を遮断するからといって風邪を引いた人の血液中のウイルス量が増加するわけではない」とし「これは肺細胞の中のNLRP1遮断がHRV死滅という本来の機能とは関係がないということを意味する」と述べた。フランクリン·ジョン(Franklin  Zhong)南洋工科大学傘下のリコンチアン医科大学助教授は「今回の研究を通じてNLRP1が一般の風邪ウイルスを検出し、免疫作用による炎症反応を始める役割をするという事実を突き止めた」とし「その活性化過程を遮断する方法と、それが触発する炎症反応を最小化する方法を調べることが次の段階だ。 その研究を続けていく」と今後の計画を伝えた。(ヘルスコリアニュース / http://www.hkn24.com)

日本語版 | ヘルスコリアニュース | 2020-12-07 20:11

台湾清華大学分子細胞生物学研究所の王文清教授(Wang Wen-ching、左)の研究チーム。(写真=清華大学提供)[ソウル/ヘルスコリアニュース]  台湾の研究チームが、胃がん転移をもたらす2つの核心バイオマーカー(生体標識)を発見し、すでに米食品医薬局(FDA)が承認した薬物を利用して腫瘍成長を効果的に制御し、転移を阻止できる治療の道を開いた。胃がん細胞が拡散転移する主な原因は、まるで自動車のブレーキのような役割を果たす腫瘍抑制たんぱく質であるリン酸塩とPTENが十分に機能しないためだ。 この2つの酵素がまともに役割を果たさないと、癌細胞が増殖して膨張し、かなり危険な転移性腫瘍に成長する。台湾国立清華大学(National  Tsing  Hua  University)の王、ウェンチン(Wang  Wen-ching)教授チームは、胃がん患者約300人の臨床資料から導き出した3万個以上の潜在的遺伝子作用メカニズムを分析し、この2つのたんぱく質の正常な役割を防ぎ、胃がんの成長と進行が促進される生物学的経路を突き止めた。分析の結果、二つの酵素PHF8とPKCαが胃がん転移に核心的な役割を果たした。 胃がん組織の約40%で発見されるPHF8はPKCαの急増をもたらし、ブレーキ機械が故障したかのように「PTEN」の損失を誘発し、転移を誘発したのだ。研究チームはこれに止まらず、このバイオマーカーを抑制する方法まで突き止めた。研究チームはゼブラフィッシュとネズミを対象にした実験を通じて、3年前にFDAが血液癌治療剤として承認したミドスタウリンがPKCαの活性度を下げて腫瘍を萎縮させ、癌の更なる拡散を抑制できるという事実を突き止めた。研究を率いた王文清教授は「現在までは胃がんを治療できる標的抗がん剤が1つだけで、世界の患者の20%未満に適している。 さらに台湾でこの数値は8%に落ちる」とし、「こうした問題を克服するため、今回の研究を始めることになった」と述べた。王教授は「もう少し精密な治療法を探す突破口は学際間の協業を通じて見出せる」と今後の研究計画を明らかにした。 このような作業まで終えれば、胃がん克服のための道が開かれるものと期待される。(ヘルスコリアニュース / http://www.hkn24.com)

日本語版 | ヘルスコリアニュース | 2020-12-07 20:06

[ソウル/ヘルスコリアニュース]  コーヒー1杯の値段で「コロナ19ワクチン」を打つこともありうると発表した時、世界は大騒ぎだった。 しかし、ワクチンの効能に「ミス」があったという知らせにため息が流れた。 全世界の人々を「行ったり来たり」していた多国籍製薬会社のアストラゼネカの話だ。英国のアストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発したコロナ19ワクチン(AZD1222)が最大90%の予防効果があると伝えられたのは23日。 米ファイザーとモダナに続き、3番目に出た嬉しいニュースだった。アストラゼネカの「コロナ19ワクチン」は価格もまた1ドーズ当たりわずか4ドルに過ぎない。 これについて英国の一部メディアは「コーヒー1杯の値段でワクチンを受けることができるようになった」と歓呼した。ここで釈然としない'ミス'が伝わる。 アストラゼネカ側は「ワクチン1回分の半分を投薬し、1カ月後に1回分を完全に投薬した参加者は予防効果が90%で、2回とも1回分全体の用量を投薬した人の予防効果は62%だった」と明らかにした。1回分の半分を投薬したグループに対する理由が明確でなく、研究陣のミスだったことが分かった。 アストラゼネカは速やかにミスを認め、直ちに原因究明に着手した。アストラゼネカ·パスカ·ソリオCEOは「私たちがより良い効果を見せる方法を発見しただけにこれを立証するために追加的な研究を進める」と明らかにした。 少なくとも今年のクリスマス前までに結果を発表するという方針を固めた。性急な結論かも知れないが、BBCが言及したようにアストラゼネカのワクチンは投薬方式によって最大90%の予防効果が期待できる。問題は、今回のミスが明らかにワクチンに対する信頼に影響を与え、市場でもそっぽを向かれる可能性があるという点だ。 それにもかかわらず、専門家たちはアストラゼネカのワクチンに対して期待感を隠さない。理由は他ならない。 ファイザーとモナはワクチンの効果をいち早く検証したが、流通過程に致命的な弱点がある。 実際、ファイザーとモナはそれぞれ氷点下70度、氷点下20度を維持しながら運送しなければならない困難がある。一般の冷蔵庫の温度(2~8度)で運送する場合、ファイザーは5日、モダナは30日ほど維持できるのに対し、アストラゼネカは6ヵ月も維持できる。価格も同様だ。 ワクチン1ドーズ当たりのファイザーは20ドル前後で、さらに価格は30-37ドル程度だが、アストラゼネカはコーヒー1杯の値段だ。このため、多くの専門家は「アストラゼネカのワクチンは価格的な面でもそうだが、流通管理の利便性を考えると、低所得国家まで供給が円滑になり得る」とし、「効果のある他のワクチンに比べ、ゲームチェンジャーの登場も可能だ」と予想している。アストラゼネカのワクチンは我々とも深い関連がある. ア社と長い間協力関係を築いてきたSKバイオサイエンスが、保健福祉部とともに国内供給のための3カ国間協力意向書を締結し、迅速な生産準備に取り組んでいる。今は時間との戦いにすぎず、ワクチンの発売可否はもはや関心の対象ではない。 それよりはむしろワクチンがどれほど早く出るかに関心が集まっている。しかし、この点で韓国が見過ごしてはならない点がある。 地球村を揺るがした「コロナ19」ウイルス撲滅問題をドナルド·トランプ米大統領のように自国優先主義で接近してはならないということだ。 コロナ19はウイルスの特性上、特定国家だけの努力またはクリーン国宣言では終息できない。 それは地球全体がウイルスから自由な時に可能だ。それなら効能と安全性も重要だが、何より価格が安くなければならず、世界のすべての人々が共有できなければならない。 韓国をはじめ、多くの国々がアストラゼネカのワクチンにより多くの期待を寄せているのも、このような流れからだ。 遠くへ行くには一緒に行かなければならないので。

日本語版 | ヘルスコリアニュース | 2020-12-05 16:04

[ソウル/ヘルスコリアニュース]  食品医薬品安全処は4日、㈱セルリード(CELLID Co., Ltd.)の「AdCLD-CoV19」と震源生命科学㈱(GeneOne Life Science Co., Ltd.)の「GLS-5310」など国内開発コロナ19ワクチン2種に対する臨床試験をそれぞれ承認した。 これを受け、国内で食薬処の承認を受けた「コロナ19」ワクチンの臨床試験は合わせて5件に増えた。(セルリードのコロナ19ワクチン「AdCLD-CoV19」臨床試験について)今回の臨床試験は、健康成人を対象にワクチンの安全性及び免疫原性を評価するための12相臨床試験である。 免疫原性とは、ウイルス感染性を取り除いたり低下させたりする「中和抗体」の増加率をいう。該当ワクチンはコロナ19ウイルスの「表面抗原遺伝子」をアデノウイルス鋳型に入れて製造した「ウイルスベクターワクチン」だ。予防原理はアデノウイルス鋳型を通じてヒト細胞内に伝達された表面抗原遺伝子が体内で表面抗原タンパク質を合成して中和抗体生成を誘導し、以後コロナ19ウィルスが侵入した時、この中和抗体がコロナ19ウィルスを除去することだ。ちなみに、国外でもウイルスベクタープラットフォームのコロナ19ワクチンに対する三相臨床試験が進められている。 英国のアストラゼネカ社、中国のカンシノ社、ロシアのガマレヤ研究所、米ジョンソン·アンド·ジョンソン社などがこのようなワクチンを開発している企業だ。(震源生命科学のコロナ19ワクチン「GLS-5310」臨床試験について)このワクチンも健康な成人を対象に当該ワクチンの安全性及び免疫原性を評価するための12相臨床試験だ。該当ワクチンはコロナ19ウイルスの「表面抗原遺伝子」をDNA(プラスミド)の形で製造した「DNAワクチン」だ。予防原理は接種したコロナ19ウィルス表面抗原遺伝子によって体内で表面抗原タンパク質を合成して中和抗体生成を誘導し、以後コロナ19ウィルスが侵入した時、この中和抗体がコロナ19ウィルスを除去することだ。ちなみに、国内外でDNAワクチンプラットフォームのコロナ19ワクチンに対する臨床試験が進められている。 (国内企業としては、ジェネクシン社の2相臨床試験、米国イノビオ社の2相臨床試験がある。ワクチン接種によるコロナ19予防原理食薬処が先に臨床試験を承認した3件のコロナ19 ワクチンは、コロナ19 ウイルスの表面抗原遺伝子(DNA)を注入し、体内で表面抗原タンパク質を生成することで免疫反応を誘導するDNA ワクチンか、遺伝子組み換え技術を利用して製造したコロナ19 ウイルスの「表面抗原タンパク質」を体内に直接注入して免疫反応を誘導する組換えワクチンである。(ヘルスコリアニュース / http://www.hkn24.com)

日本語版 | ヘルスコリアニュース | 2020-12-05 15:42

ウ·サングン博士(左)、キム·ヒョナ博士 [ソウル/ヘルスコリアニュース]  人工知能で進行性乳がん・抗がん治療反応を早期に予測できる研究結果が出た。韓国原子力医学院(キム·ミスク院長)はウ·サングン、キム·ヒョンア博士研究チームが局所進行性乳がんで手術前に抗がん治療を受けた患者の抗がん治療反応を人工知能(AI)技術のうち、ディープラーニング技法を利用して早期に予測できると4日、明らかにした。癌細胞がリンパ節や乳房内の他の組織に転移した局所進行性乳がんは、再発と転移の危険が高く、手術前に抗癌治療を行う先行化学療法で腫瘍の大きさを小さくして手術を容易にし、乳房保存術の機会を高めるという。先行化学療法の前後に腫瘍の大きさと範囲などを測定するために陽電子放出断層撮影(PETCT)及び磁気共鳴映像撮影(MRI)を実施することになり、診断段階別に繰り返される映像撮影とこれによる抗癌治療反応評価の遅延は治療の障害になってきた。研究チームは、局所進行性乳がん患者群56人を対象に、先行化学療法前のPETCTおよびMRI撮影映像分析による先行化学療法治療反応予測を、既存の専門医とディープラーニング技法の利用に分けて比較分析した。専門医が映像データを分析診断した結果、先行化学療法治療反応予測精度はPETCT84%、MRI61%と確認された。一方、合成乗ニューラルネットワーク(CNN)を利用した特化されたアルゴリズムを活用したディープラーニング技法で、先行化学療法がよく効く患者群と、あまり効かない患者群のPETCT及びMRI撮影映像を学習させたディープラーニング基盤の人工知能モデルが映像データを分析診断した時の精度はPETCT 97%、MRI 85%で、専門医が分析したものより高かった。今回の成果はディープラーニング技法は、局所進行性乳がん患者の先行化学療法の前に、一度のPETCTおよびMRI撮影だけで腫瘍の大きさと範囲だけでなく、先行化学療法の後の治療反応まで早期に予測し、患者の利便性と医療陣の速やかな治療方向設定に役立つものと期待されている。ウ·サングン、キム·ヒョナ両博士の研究チームによる今回の研究成果は、『ネイチャー』の姉妹誌『サイエンティフィック·レポート』(Scientific Reports)で3日、オンライン版に掲載された。[論文名:Early prediction of neoadjuvant chemotherapy response for advanced breast  cancer using PETMRI image deep learning]研究チームは「今回の研究結果を通じて女性がん1位を占める乳がん、特に治療が難しい難治性乳がん患者の生存率向上を期待する」とし「放射線医学と人工知能技術を組み合わせた多様な臨床研究で国民の健康増進をリードする」と説明した。(ヘルスコリアニュース / http://www.hkn24.com)

日本語版 | ヘルスコリアニュース | 2020-12-04 18:08

コロナ19診断試薬の輸出及び世界確定者の推移(累積基準) [ソウル/ヘルスコリアニュース] 韓国企業が生産した「コロナ19」診断キットが世界市場に進出し、輸出額が日増しに増加している。 輸出用コロナ19診断試薬は、今年11月30日基準で221個の製品(遺伝子105、抗原44、抗体72)が輸出用として許可され、全世界約170カ国、計4億9679万人分が輸出された。関税庁は「今年初めから11月までの輸出総額が約2兆5千億ウォン(22億7千万ドル)に急増している」と明らかにした。 4月から本格的に始まった輸出は、7月以降、確定者の急増を受け、急激な上昇振りを見せ、10月と11月に相次いで月別基準最高値を更新した。 輸出国はインド(15.6%)、ドイツ(13.2%)、オランダ(9.6%)、イタリア(7.8%)、米国(5.2%)の上位5ヵ国が全体輸出額の半分以上を占めている。 輸出国も1-3月期の83カ国から11月までの合計170カ国に増えた。 このようなコロナ19診断試薬の輸出実績は、今年新たに創出された成果で、伝染病対応において模範事例となった国内防疫当局に対する世界的な認識と国内製品の完成度が共に働いたものと評価される。(ヘルスコリアニュース / http://www.hkn24.com)

日本語版 | ヘルスコリアニュース | 2020-12-04 18:00

  • 회사명 : 헬코미디어
  • 서울특별시 마포구 월드컵로10길 5 2층
  • 대표전화 : 02-364-2002
  • 청소년보호책임자 : 이순호
  • 제호 : 헬스코리아뉴스
  • 발행일 : 2007-01-01
  • 등록번호 : 서울 아 00717
  • 재등록일 : 2008-11-27
  • 발행인 : 임도이
  • 편집인 : 이순호
  • 헬스코리아뉴스에서 발행하는 모든 저작물(컨텐츠, 기사)는 저작권법의 보호를 받는 바, 무단·전재·복제·배포 등을 금합니다.
  • 「열린보도원칙」 당 매체는 독자와 취재원 등 뉴스이용자의 권리 보장을 위해 반론이나 정정보도, 추후보도를 요청할 수 있는 창구를 열어두고
    있음을 알려드립니다. 고충처리인 이슬기 02-364-2002 webmaster@hkn24.com
  • Copyright © 2022 헬스코리아뉴스. All rights reserved. mail to admin@hkn24.com
ND소프트
편집자 추천 뉴스
베스트 클릭
오늘의 단신